2010年01月14日

クールビズ廃止を要望=夏の業績低迷で小沢環境相に−ネクタイ業界(時事通信)

 日本ネクタイ組合連合会など業界団体の代表は13日、環境省を訪れノーネクタイなど夏場の軽装を奨励するクールビズの廃止を求める要望書を小沢鋭仁環境相に提出した。
 同連合会によると、昨年6〜9月のネクタイの売上高はクールビズ開始前だった04年の同時期より34%減少したという。団体側は、クールビズの浸透でネクタイの売り上げが低迷し、深刻な影響が出ていると訴えた。これに対し、小沢環境相は「皆さんが安心できる方策を検討、工夫したい」と応じた。 

営業マンのまたーりぶろぐ
私の親、バスガイドです。
いつでも、元気な美容師です。
まさよりのブログ
torrentファイルの使い方
posted by 竹山田 at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉原無差別殺傷 公判前整理手続き終了(産経新聞)

 7人が死亡し10人が重軽傷を負った東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、殺人や殺人未遂などの罪で起訴された元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の公判前整理手続きの第10回協議が8日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であった。協議には加藤被告も出席。28日から始まる公判の争点が、完全責任能力の有無などであることを確認し、すべての協議が終了した。

 公判での争点は、(1)事件当時の完全責任能力の有無(2)殺人未遂罪のうち、ナイフで刺した被害者1人に対する殺意の有無(3)警察官1人に対する公務執行妨害罪成立の可否−の3点。

 弁護側は「加藤被告は犯行当時、精神障害により心神喪失か心神耗弱の状態にあった疑いがある」と主張する方針。

 また、公判では精神鑑定を行った鑑定医のほか、被害者や目撃者らの証人尋問が行われる予定で、証人として検察側36人、弁護側6人の採用が決まった。

【関連記事】
気分で人を殺しました 影響されやすく感情で判断
加藤被告側、責任能力争う方針 秋葉原殺傷
「罪は万死に値する」加藤被告、被害者に手紙 秋葉原殺傷
酒井被告の公判、アキバ事件の村山氏が担当
秋葉原殺傷事件から1年 献花台で冥福祈る

sadaoカンタービレ
助産師の仕事はプライドが大事!
クレジットカード現金化 即日
アフィリエイト ホームページ
ショッピング枠現金化
posted by 竹山田 at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。