2010年03月23日

面識ない人同士の生体臓器移植検討へ―移植学会(医療介護CBニュース)

 血縁関係など親族間での提供を原則としている生体臓器移植について、面識のない人同士でも提供できるよう、日本移植学会が新たな制度の検討を始めることが、3月17日までに分かった。5月9日に開かれる同学会の理事会で提案、審議される見通し。

 国内での生体臓器移植は、原則として親族に限られており、いわゆる「ヤミ仲介業者」の関与や臓器売買を防ぐことなどを理由に、面識のない人同士での臓器提供は事実上認められていない。

 今回、新たな制度の検討が行われることになったのは、レシピエントを特定せずに臓器提供をしたいというドナーの申し出があったため。「病気に苦しむ人のために、自らの健康な腎臓を役立てたい」との理由だったが、移植学会が移植の可否について審議する倫理委員会でも、レシピエントが不特定のケースは過去に例がなく、生体臓器移植のあり方について新たな指針が必要になった。
 ただ、▽本人の意思のみを根拠に、健康な人の体にメスを入れることが医学的・倫理的に妥当か▽日本臓器移植ネットワークの登録者の中から誰をどういう基準で選ぶか―など、極めて慎重な議論が必要な検討課題も多く、関係者は「新制度が実施に到るまでには、相当の時間を要するだろう」と話している。


【関連記事】
あて先ない「紹介状」の提供依頼に注意を―厚労省
親族優先提供、心臓は除外を―循環器学会が要望書
ヤミ移植仲介業者との関係調査を各大学に要請―長妻厚労相
臓器移植法改正案、「A案」成立
「質の高い移植コーディネーターが必要」

「鈴木」姓 全国一多い浜松市に「楽会」(毎日新聞)
子ども手当法案 参院で審議入り 国内居住要件は今後検討(毎日新聞)
首相動静(3月20日)(時事通信)
首相、年金記録回復促進法案に意欲 参院予算委が社会保障・雇用で集中審議(産経新聞)
割引郵便制度悪用 守田被告2審も有罪、大阪高裁(産経新聞)
posted by 竹山田 at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。