2010年04月16日

都立高定時制で初の追加募集 思わぬ人気に枠拡大(産経新聞)

 都教育委員会は8日、都立高校定時制10校で平成22年度入学者の追加選抜試験を行うと発表した。定時制2次募集の受験者数が募集人数を上回り、約300人の不合格者が出たため。都教委は「追加募集は確認できる限り初めて」と話した上で、高校無償化などによる都立高校受験者の急増が予想外の「定時制人気」につながったと分析している。

 都教委によると、3月26日に行われた定時制2次選抜試験で、募集人数1230人に対し、1483人が受験したことで313人の不合格者が出た。

 追加募集は10校300人で他の入学者と同様、22年度入学扱いとなる。願書受け付けは12、13日、受験日は14、15日。都教委は「都立高校への入学希望者が予想以上に多く、全日制の不合格者が定時制の2次試験に流れたことが要因。高校無償化や不況の影響が考えられる」としている。

<NPO>評価基準公表 寄付の判断材料などに活用へ(毎日新聞)
<厚労省>余剰の補助金、返納手続き怠る…会計検査院が指摘(毎日新聞)
社民党が青森選挙区で元三沢市議を公認(産経新聞)
自立援助ホーム 「あすなろ荘」19歳寮生、初の進学者(毎日新聞)
「平和的に体制変換を」=黄元書記、拉致家族ら前に講演−東京(時事通信)
posted by 竹山田 at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。