2010年04月13日

覚醒剤使用の職員 大阪市が懲戒免職(産経新聞)

 大阪市は6日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕、同罪で起訴された市中央卸売市場南港市場職員、吉岡徹被告(26)=浪速区大国=を懲戒免職処分にした。吉岡被告は接見した市職員に覚醒(かくせい)剤の使用を認めたという。

【関連記事】
ホームステイ先で就寝中の女性の手を1時間握る 大阪府職員を停職
「おまえ男やろ」と生徒の下腹部触る 中学教諭停職
酒気帯びで懲戒免は「過酷」 大阪地裁が取り消し命じる
上司に「ぶん殴るぞ」 横浜地裁書記官を停職処分
米空港で“こども管制官”が旅客機と交信!父親に停職処分
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

原発推進の利点強調=新政権初の原子力白書(時事通信)
仕分け第二弾 民間仕分け人31人を内定 外人は除外(産経新聞)
衆院に会派結成を届け出=たちあがれ日本(時事通信)
病腎移植3例目始まる(産経新聞)
新党名「たちあがれ日本」で調整=「平沼新党」(時事通信)
posted by 竹山田 at 02:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

ゼブラーマン 完成披露試写会 5月1日から全国公開へ(毎日新聞)

 哀川翔さん主演の映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(毎日新聞社など製作委員会)の完成披露試写会が5日、東京・水道橋のJCBホールで開かれた。哀川さんとゼブラクイーン役の仲里依紗さん、脚本の宮藤官九郎さん、三池崇史監督らが舞台あいさつに立った。

 映画は06年に大ヒットした「ゼブラーマン」を大幅にスケールアップした続編。無法都市ゼブラシティとなった2025年の東京を舞台に、善の象徴・白ゼブラーマンと悪の象徴・黒ゼブラクイーンの死闘を描く。哀川さんは「自分の集大成の作品。かなりきつかったが、その分いい映画になった」と話した。最悪のヒールヒロインを演じた仲さんは「身も心も出し尽くした。真っ黒に染まってほしい」と呼びかけた。三池監督は「皆さんの想像よりはるかに強烈な作品。あぜんとするラストも楽しんでほしい」と自信を見せた。5月1日から全国公開の予定。【鈴木隆】

【関連ニュース】
ゼブラーマン:沖縄国際映画祭で上映
ゼブラーマン2:仲里依紗のゼブラクイーン、PV公開 2025年の過激なアイドル
ゼブラーマン2:仲里依紗「ゼブラクイーン」が映画主題歌担当 4月に歌手デビュー
沖縄国際映画祭:「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」上映
沖縄国際映画祭:スターずらり、ファン声援 オープニングレッドカーペット&セレモニー

加藤清正が空港に登場=熊本〔地域〕(時事通信)
万引で陸自隊員停職(産経新聞)
「産科危機的出血」でSI応用した対応GL発表―麻酔科学会など(医療介護CBニュース)
西部ガス関連ビルに発砲か=玄関に弾痕、けが人なし−福岡(時事通信)
民主党 参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も(毎日新聞)
posted by 竹山田 at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。